二重整形で腫れない手術がある?メリット・デメリットやアフターケアの方法を紹介

二重は多くの女性が憧れるもの。
クッキリとした二重ラインがあれば目がとても大きく見えるため、魅力的に見えますよね。
元々一重の人はアイプチを使えば手軽に二重になることができますが、毎日二重を作るのは手間だし面倒なもの。
二重整形をしてしまえば朝の手間なく二重ラインを手に入れることができるため、手軽にできるのであれば受けてみたいと思う人も多いでしょう。

ここでは二重整形について詳しくご紹介します。
腫れない二重整形があるかどうかが気になっている人も多いかと思いますので、本当に腫れない二重整形施術はあるのかについてもお教えしましょう。
ここを読めば腫れない二重整形に関する疑問がすべて解消されますよ!

二重整形について


まずは二重整形の詳細からご紹介していきましょう。

二重整形の施術内容

二重整形の施術内容はどんなものかをご存知ですか?
二重整形には埋没法と切開法があり、それぞれで施術内容が異なります。
埋没法は糸を使って二重ラインを作り上げる施術で、糸の本数が多くなればなるほど二重ラインの持続期間が長くなります。
切開法はまぶたの皮膚を切開して脂肪や皮膚を除去することで二重ラインを形成します。

糸を使ってラインを作るか、切開してラインを作るかの違いがあります。

二重整形にかかる費用

二重整形にかかる費用も二重整形の種類によって異なります。埋没法は皮膚を切開するわけではないため、比較的費用が安く済みます。二重整形は保険適応外の自由診療なのでクリニックによって費用が異なります。埋没法の費用相場は5~10万円、切開法の費用相場は10~30万円となっています。

二重整形が受けられる場所

二重整形は医師が行える施術です。切開法はもちろん、皮膚を切らない埋没法も医師のみが行える施術となっています。医師がいないサロンなどでは行えません。医師が常駐するクリニックや美容皮膚科であれば大体どこであっても施術を受けることができます。切開法も埋没法も両方行っているところが多いため、最寄りのクリニックなどを探してみてくださいね。

二重整形のダウンタイム

二重整形はダウンタイムが生じる施術です。ダウンタイムの症状は腫れ・赤み・ほてり・痛み・内出血と言ったものになります。症状のどれが出るかは人によって異なりますが、腫れやほてり、痛みが出ることが多いようです。ただダウンタイム症状は埋没法か切開法かによって異なります。この次からさらに詳しくご紹介しましょう。

腫れない二重整形とは?


二重整形を検索すると「腫れない」というワードを見かけることはありませんか?腫れない二重整形があれば施術後すぐから人に会うこともできるため、メリットがとても大きいもの。ここでは腫れない二重整形は本当にあるのかをご紹介します。

二重整形の埋没法は“腫れにくい”

二重整形で腫れない施術はありませんが、“腫れにくい”施術はあります。それは二重整形埋没法です。埋没法は皮膚を切開して行うものではありませんので、ダウンタイム症状が比較的少ないことが魅力。施術後にほてりが出ることはありますが、腫れの度合いが少なく、痛みも少なく済むようです。

二重整形の施術を受けるとどうしても腫れが出てしまいますが、施術方法によってはダウンタイムを少なくすることができます。埋没法は腫れないまではいきませんが、大体はダウンタイムが軽く済みます。ただこれは医師の技術力の問題にもよります。二重整形をお願いする医師の探し方については後ほど詳しくご紹介しましょう。

施術後に行いたいアフターケア

二重整形の施術後、アフターケアを行うことでダウンタイムを少なくする、またはほとんど腫れないようにすることができます。切開法・埋没法どちらも共通するダウンタイム症状に腫れがありますが、腫れは冷やすことで目立ちにくくできます。症状が出る期間を短くすることもできるため、施術後はできるだけ冷やしておくことがおすすめです。

目元周辺を冷やすアイマスクがありますので、そちらをつかうことがおすすめ。患部を冷やすと傷の治りが遅くなったり、腫れないどころか症状が悪化する可能性があるため、患部にマスクがかからない形状のものを選びましょう。

腫れない二重整形ができると謳っているところは?

ネットで腫れない二重整形と検索すると、いくつかのクリニックが出てくるかと思います。本当に腫れないのであればダウンタイムほぼなしで二重になることができるため、とても嬉しいですよね。ただ先ほども紹介したように腫れにくい施術はあるモノの、腫れない施術は難しいと考えておいていいでしょう。

美容外科の施術に多少のダウンタイムは付き物です。切開だと1週間以上のダウンタイムがあるため、それに比べると埋没法はダウンタイムがとても短いと考えていいでしょう。

腫れない二重整形を謳っているクリニックを見つけ、そこに行ってみようかと考えているのであれば先にそのクリニックの口コミを見ることがおすすめです。

口コミでチェックするのは二重整形を受けた人の声!

クリニックには数々の口コミが寄せられていますが、腫れない二重整形を希望するのであれば二重整形を受けた人の声を見ておきましょう。施術はどんなものだったか、痛みはあったのか、本当に腫れないのかを確認しておいてください。クリニック自体は腫れないと言っていても、人によっては多少の腫れが出ることもあります。

ダウンタイム症状は個人差がありますが、ダウンタイムが出たという人の声が少ない、または腫れないという声が多ければそのクリニックで二重整形を受けてみると良いでしょう。

二重整形埋没法のメリット&デメリット

二重整形埋没法を行うことで得られるメリットと起こりうるデメリットについてご紹介しましょう。

メリット

二重整形の埋没法で得られるメリットは以下です。
・ダウンタイムが少なく済む
・手軽に二重が手に入れられる
・費用が安い

埋没法はダウンタイムが少ない施術です。
腫れないということはありませんが、切開法に比べると腫れは軽く済むでしょう。皮膚を切開するわけではないため、埋没法はプチ整形としても人気を集めています。手軽に二重になれるという大きなメリットがあるため、本格的な整形は怖いけどプチ整形なら……と考える人にもおすすめです。

デメリット

二重整形埋没法で生じるデメリットは以下です。
・二重ラインが取れると施術を再度受けなければならない

二重整形の埋没法は糸を使った施術です。糸は数年たてば切れてしまったりすることもあります。糸が切れると二重ラインが亡くなってしまうため、再度施術を受けなければいけません。糸が切れる期間に関しては個人差が大きいようです。わずか1年で切れたという人もいれば、10年以上切れていないという人も。大体3~5年は持つと言われているため、3~5年に一度のペースで施術を受ける必要があります。

二重整形をお願いする医師の探し方


二重整形をするのであれば医師の探し方もとても重要です。ここで医師を探すときに見ておきたいポイントをご紹介しましょう。

症例数が多い

二重整形の症例数が多い医師を探しましょう。症例数が多ければ多いほどさまざまな人の目元の施術をしていることになります。その人にあった適切な施術を行っているということなので、経験があればあるほどあなたに合った二重ラインの提案をしてもらえるのです。

経験が少ないと思った通りの目元にしてもらえるかが不安なところ。二重整形の症例数が多いところは公式ホームページで二重整形のことを一押ししているため、まずは公式ホームページをチェックしてみると良いでしょう。二重整形を得意分野としている医師にお願いすることもおすすめですよ。

ダウンタイムの少ない施術を明確に表記している

クリニックの公式ホームページにダウンタイムが少ない施術を心がけているなどの表記があると安心です。美容外科で行われる施術のほとんどはダウンタイムが発生します。ダウンタイムの症状の度合いや症状が出る期間は医師の腕によって異なることもあります。

これもさきほどご紹介した医師のスキルによるものになりますが、経験が多ければ多いほどどうすればダウンタイムが少なく済むかを提案することができます。ダウンタイムが少ない施術を行っているところに依頼することで、期間を短くすることができるでしょう。

カウンセリング時の対応

施術を受ける前に必ずカウンセリングがありますが、カウンセリングのときに医師がどんな対応をしてくれるかもチェックしておきましょう。施術に関する説明が充分であること、こちらからの質問に丁寧に答えてくれること、ダウンタイムについての説明をきちんとしてくれることの3つを満たしているかを確認しておいてください。

施術に関する説明やダウンタイムの説明がないと、どんな施術をしてダウンタイムがどれほど現れるかがわかりません。施術に置いてのメリットもデメリットも説明してくれる医師は信頼できる医師と考えていいでしょう。またこちらからの質問にも丁寧に答えてくれる医師は安心感があります。信頼できる医師に施術をお願いすることも大切です。

明確な費用を提示しているかもチェック!

こちらは医師の探し方とは関係ないものの、クリニック選びのときに重要となります。二重整形の費用はクリニックによって異なります。平均相場が5~10万円となっているため、その相場内で施術を行ってくれるところを探すと良いでしょう。公式ホームページには二重整形埋没法の施術費用について掲載されています。

その施術費用は施術のみの費用なのか、それとも初診料や投薬料といったものが含まれている費用なのかを確認しておきます。施術費用のみを持って行って後々多くの費用を請求されて払えなかったということがないよう注意してくださいね。

二重整形の埋没法ならダウンタイムを短くできる


二重整形の埋没法は腫れないというわけではありませんが、切開法に比べると腫れにくいといえます。そのためダウンタイム症状が気になる人に特におすすめの施術。皮膚を切開するわけではないので手軽に試せることも魅力ですね。数年経てば二重ラインは消えてしまいますが、再度施術を受ければまた二重ラインを作ることができます。手軽に試せる埋没法で憧れの二重になりましょう!