男性の二重整形ってどうなの?バレるのかや女性の本音を聞いてみた

二重整形はメスを入れることもなく、施術の時間も短いため「プチ整形」とも呼ばれるようになりました。
また近年では、アイプチで二重を作る女性や化粧の時間を短くすることも考え、二重整形をする女性も増えてきました。
そのため、女性たちの間では整形が受け入れられるようになってきたと感じます。

しかしながら、男性の二重整形へのイメージはどうでしょうか?
男性の方も、やはり周りの反応が気になるものだと思います。

きっと多くの男性が「バレないかな」と一度は悩むのではないでしょうか?
こんな悩みの裏には「バレたら影でなにか言われるんじゃないか」という思いもあるのだと思います。

そこで今回は、男性の二重整形・奥二重整形をしようと思っているけれど、周りにバレることが不安で整形に踏み切れない…。という方のために、実際にバレるのか・女性からの反応はどうなのかをまとめていきたいと思います。

男性の二重整形はバレるのか?

疑問
まず二重整形自体バレるのかということですが、基本的に身近な人にはバレやすいです。
女性の場合は、普段のメイクからアイプチなどをしているため、違和感もなく変えられますし、腫れたとしてもメイクなどでうまく隠すことができます。そのため、周囲にもバレにくくなっています。しかしながら、男性の場合は二重整形をすることで急に目が二重になるので女性と比べると比較的バレやすくなっています。

では次に、二重整形がバレる理由を詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

男性の二重整形がバレる理由①「違和感のある二重幅」

男性の二重整形がバレる理由1つ目は「違和感のある二重幅」です。二重整形はもともと目をパッチリと綺麗な形にしたくて行うものだったり、腫れぼったくなってしまった一重を変えるために行ったりすると思います。二重整形を試みようとする人の中でも特にこれまで一重瞼や奥二重だった方は、同じ二重瞼にするならできる限り大きなパッチリ二重瞼にしたいと考えるケースも多くあります。

しかし、明らかにそれまでの瞼とまったく異なるほど大きな二重瞼にしてしまうと、他人から見た印象が全く変わってしまうので、当然二重整形をしたことは一目でバレてしまいます。つまり、自然な二重幅にすれば、自然な仕上がりになり、バレにくくなります。大体のイメージとしては、アイプチなどで実現している二重幅くらいの幅が一番いいと思います。それくらいの変化であれば、もし旧友と会った時にも「瞼が痩せて自然に二重になった」という話が通じやすく、そのまま整形とバレずに過ごしやすくなります。

男性の二重整形がバレる理由②「糸の留める点数が少ないから」

男性の二重整形がバレる理由2つ目は「糸の留める点数が少ないから」です。二重整形手術の埋没法は糸で二重を作っているので、糸の留める数によって二重のラインが変わってきます。クリニックによって多少変わってきますが、1点留めから2点留め、3点留めとあります。その点数が少ないと不自然な二重ラインになりやすくなってしまいます。金額は高くなってしまいますが、自然な二重ラインを作りたい方は、点数を多くすることをおすすめします。

また、この二重整形手術の埋没法は、瞼に医療用の糸を使って留めることになりますが、上記でも言ったように点数が少ないと留め方が甘いということで糸が皮膚から出てきてしまうことがあります。このような状態になると、人から見てもすぐ分かってしまいます。また、場合によっては眼球へのダメージや術後感染などにも繋がる可能性があリます。ですので、もし糸の結び目が瞼から出てきてしまった場合は、そのまま放置せず、すぐに施術したクリニックで適切な処置をしてもらいましょう。

男性の二重整形がバレる理由③「腫れが強い状態で外出してしまうから」

男性の二重整形がバレる理由3つ目は「腫れが強い状態で外出してしまうから」です。二重整形の埋没法は、もう一つの切開法に比べると、腫れも痛みも少ない施術法ではあります。しかし、個人差はあれど、術後しばらくは瞼が腫れた状態になってしまいます。特に、二重整形術後数日は、腫れが強く出ることがあり、明らかに瞼がいつもと違う様子のため、最もバレやすくなってしまいます。腫れのある期間はダウンタイム中の1週間程度と言われていますが、その中でも特に術後2〜3日は腫れが強く出る可能性があります。腫れが落ち着くまでの期間は、ある程度余裕をもって考えておくようにしましょう。

バレないようにするための対策を紹介!

ポイント
前章ではバレる理由を紹介しましたが、次は実際にどうすればバレないのか対策について紹介します♪

バレないようにするための対策①「手術前後は余裕を持ったスケジュールを」

バレないようにするための対策1つ目は「手術前後は余裕を持ったスケジュールを」ということです。二重整形術後の最もオーソドックスな「他人バレ対策」として、術後に腫れを隠す目的で伊達メガネをかけて過ごす方を多く見受けます。特に男性の二重整形は、メイクなどで隠すことができないため、特に伊達メガネで隠す人が多くなります。しかしながら、二重整形の術後に急に伊達メガネをしだすと、逆に目立ってしまいます。ですので、全く腫れの無い術前の2~3週間前からメガネをかけて過ごしておきましょう。そうすると、腫れの無い術前からメガネをかけていたため、他人から見ると目の印象が変化した事に気付きにくく、二重整形を行った事がバレにくくなります。また、メガネはファッションの為という理由や、コンタクトをお休みするというような理由でかけ始めれば、違和感なく周囲に受け入れられやすくなります。このように、早い段階で余裕を持ったスケジュールで行うようにしておきましょう。

また、できるだけ術後2、3日は外出しなくてもいいようなスケジュールを決めておきましょう。長期で休むのが難しいとしてもできるだけ2、3日の休みを取っているとバレる可能性が下がります。一番腫れる2、3日目は前々から休暇を取って余裕を持たせておきましょう。

バレないようにするための対策②「バレにくい手術方法を選ぶ」

バレないようにするための対策2つ目は「バレにくい手術方法を選ぶ」です。二重整形手術自体の方法は大きく分けて2つあります。その2つが「埋没法」と「切開法」です。その2つで見ると圧倒的に「埋没法」の手術方法の方がバレにくくなっています。また、「埋没法」の中でも2種類に分かれます。それが、「瞼板法」と「挙筋法」です。瞼板法は瞼のすぐ裏側にある「瞼板」という箇所に、糸を点で留める方法です。もう一つの「挙筋法」は、瞼の裏側の目を開くときに使う筋肉である「挙筋」という箇所に、線状に糸をかける方法です。どちらの方法も、それぞれにメリット・デメリットがあります。

一般的には瞼板法で行なった方が、施術後に糸を取りたい場合に抜糸しやすいと言われています。ですので、瞼板法の方がやり直しもしやすく、普段のアイプチの延長に近い程度の二重幅を作ることが可能になります。ただ、瞼板という組織が固い組織であるために糸が皮膚の中に沈み込まず、結び目が見えてきてしまいやすくなるというデメリットもあります。

逆に挙筋法は、上瞼の奥の挙筋部分に対し、大きなループを作るようなイメージで糸を固定するという方法で、二重のラインに沿って糸を留める形となり、より柔軟に自然な二重のラインを作る事が可能になります。また、筋肉という柔らかい組織に糸をかけるため、糸が皮膚に馴染みやすく、バレにくい施術がやりやすいという点もメリットです。しかし、柔らかい組織に糸を通す方法だからこそ、糸の結び方を強くしにくく、これが原因で糸が緩んで目立ってしまうという場合もあります。

バレない点を1番にするのであれば、挙筋法の方がバレにくいです。しかし、どの手術方法を選択する方が良いかについては、元々の瞼の状態や、目指したい二重の幅・形などによっても変わるため、何件かのクリニックでカウンセリングを受け、よく比較して判断しましょう。

男性の二重整形について女性の本音はどうなの?

では次に男性の二重整形について女性はどう思っているのかを紹介します。

世間での男性の二重整形に対する意見

世間の男女で見てみると、美容整形に好意的と思う人の割合は男性の割合が5割くらいです。それに比べて女性は、7割の人が整形に対して好意的に思っています。男性の場合、周りの友人や知り合いの半分が好意的に思っていて、残り半分の方が否定的に思っていることから、女性より周りの目を気にしてしまいがちですが、実際は大半の女性が気にしていません。ですので周りを気にせずに、自分の理想の二重整形ができるはず。

男性の二重整形に対して、実際の女性の声は?

では次に実際の女性の声をご紹介します♪

プチ整形でコンプレックスが解消できて前向きになれるならいいんじゃないでしょうか。むしろ、かっこよくなるため、自分を磨いていくための努力の1つの形だと思います。男性であっても、プチ整形?くらいの程度なら問題なしかと!自信がなくてじっとうつむいている男性よりは、プチ整形などをして、自分に自信を持った男性の方が魅力的にも感じられます!また、例外はあるかもしれないけど、外見の良し悪しで、実際そのように性格が分かれているように感じちゃいます。

「整形が失敗したらどうするんだ?」とか「親からもらった顔を変えるなんて…」という反論があるかもしれないけど、まず整形の失敗については、マスコミやネットがやりすぎな人や失敗ばかり取り上げるから心配になりすぎているんだと思う。それに、私からすると親の遺伝のせいで子どもが不幸になるなんて私には耐えられないです。大げさではなく、世界を平等にするために整形はありだと私は思います!

まず、相手の気持ちも尊重すれば、積極的に否定はしきれないし、本人が望んでいるのなら、他人がとやくいうことではないと思います。結局、整形してもして居なくても、彼氏は彼氏なので。整形度合いによりますが、二重整形くらいの整形なら気にしません!

上記のように女性の肯定的な声が多くあります。整形の度合いにもよるようですが、多くの人が男性の二重整形には肯定的な反応でした。

実際に二重整形した男性の声

では次に実際に二重整形をした男性の実際の声を紹介します♪

二重整形で、外見を変えたことで、内面も磨こう!と内面も磨く努力を始めました。すると、色々な面で結果も出ることが増えて、結果と準備してきた量のどちらもあって、以前の僕とは比べものにならない自信が持てるようになりました。私の場合は特にメンタルが強くなって、整形前よりも社交的になりました。自分という存在にたいして強い自信が持てたからこその変化だと自分で思います!男性の意見があまりなく、正直不安でしたが、今思えば本当に二重整形をしてよかったです!

私は二重整形後に、出会った女性と、高確率でいい関係までいけるようになったことが1番の喜びです。飲み会で出会った女性と、付き合うまではいかないもののいい関係で繋がる機会が整形前より格段に増えました!整形前であれば、ほぼほぼ自の方分からアプローチを仕掛けないと関係が動き出すこともありませんでしたが、整形後は女性からも割と積極的に来てくれてとても嬉しいです!

本当に整形をしてよかったと思います。男性だから行きにくいという気持ちがありましたが、意を決してまずはカウンセリングにと行きました。クリニックによって違いますが、私が行ったクリニックは、男性が気まずくならないようにとクリニックに来ている他の患者さんと会わないように工夫してくれました。そのため、気にせずに思ったことを話せました。今は理想の二重を手に入れられて満足です!

自分の理想の二重整形のためにまずはカウンセリングを!


二重整形について少しでも悩んでいる方、まずはカウンセリングを受けに行きましょう。クリニックによっては男性のために他の患者さんに会わないようしてくれるところもあります。口コミなどを見て、クリニックを選んでみてください。そしてまずはカウンセリングを受けに行って、理想の二重を手に入れましょう♪