二重整形の腫れの期間や早く治す方法は?腫れにくい方法や抑える対処法も徹底解説

ハッキリとしたラインがわかる二重はとても魅力的。
元々一重の人はアイプチなどを使って二重を作っているかと思いますが毎日アイプチを使うとなると大変ですし、アイプチが取れれば結局は一重に。

どうせならアイプチなしで二重になりたい!

そんな人におすすめなのが二重整形です。
ただ二重整形は施術後に腫れが出るとの声もあるので、それが不安……という人もいるでしょう。

ここでは二重整形をすることで腫れが出た場合、どう対処すべきかをご紹介します。腫れはどのくらいの期間続くのか、どうやって抑えられるのかをお教えしますので、二重整形を考えている人は必見です!ここを読んでおけば二重整形の施術後に焦ることもありませんよ。

二重整形とは?


そもそも二重整形はどんな施術内容なのか?どこで受けられてどのくらいの費用がかかるのかをご紹介しましょう。

二重整形の施術内容

二重整形には埋没法と切開法があります。どちらを選択するかによって施術内容が異なるため、それぞれを見ていきましょう。

二重整形埋没法

埋没法には瞼板法と挙筋法という術式があります。瞼板法は瞼板と皮膚を糸で結ぶことで二重のラインを作る施術
挙筋法は眼瞼挙筋という筋肉と皮膚を糸で結ぶ施術です。どちらもダウンタイムが少ないというメリットがありますが、糸が遊んでしまったり切れたりすると二重ラインがなくなってしまうというデメリットもあります。

二重整形切開法

切開法は瞼の一部分を切開し、余分な筋肉や脂肪を切除して二重ラインを作る方法です。切開するため傷跡は残りますが、切開するラインは二重ラインに隠れるようにしてくれます。そのため二重ラインを上に引っ張らない限りは傷跡が見えることもないでしょう。

どちらも医師の高い技術力が必須

埋没法・切開法どちらを受けるにしても医師の高い技術力は欠かせません。医師の技術力が高くないと埋没法の場合は糸がすぐに切れたり遊んだりして二重ラインがなくなってしまう恐れがありますし、切開法は傷跡が大きく目立ってしまう恐れがあります。また切開法は皮膚の一部を切る施術なので、施術後に腫れや痛みといったダウンタイム症状がひどく出る可能性もあるのです。

どちらの施術で二重整形をするにしても高い技術力を持った医師、二重整形を得意とする医師に施術をお任せすることがおすすめです。

二重整形が受けられる場所

二重整形はどちらも医師が行う施術に該当します。そのため医師が常駐する美容皮膚科やクリニックといった場所でしか受けられえません。二重整形をする場所を探す場合は、最寄りの美容皮膚科やクリニックを探すといいでしょう。

二重整形の費用

二重整形の費用はどちらの術式で受けるかによって異なります。埋没法は5~10万円、切開法は20~30万円が費用相場となっています。切開法は皮膚の一部を切開する施術で医師の高いスキルが必要となるため、費用も割高になります。

ただ切開法は一度行えば長く二重ラインをキープすることができます。埋没法は場合によっては長く持たないこともあるため、二重ラインの持続期間のことを考えるとあまりにも高額な施術でもないでしょう。

二重整形のダウンタイム

二重整形のダウンタイムも行う術式によって異なります。埋没法は腫れが出るようですが、比較的ダウンタイムは少ないと言われています。切開法は埋没法に比べてダウンタイムが多くなります。瞼全体の腫れ・内出血・痛みといった症状があります。

切開法の施術は局所麻酔をしてから行われます。局所麻酔の効果が切れてくると瞼に重い痛みが生じるようになります。数時間で収まるため施術当日に痛みは消えますが、触ると痛みがあります。この期間は2週間ほど続くこともあるようです。内出血に関しても2週間ほど続きますが、こちらはメイクをすることである程度は隠すことができるでしょう。

ダウンタイムの中でも気になる腫れについては次の項目で詳しくご紹介します。

二重整形の腫れはいつまで続く?


二重整形を行うとダウンタイム症状として腫れが出ます。これは埋没法で行うにしても切開法で行うにしても同様です。どちらの術式を選択しても腫れが出る可能性が高いため、二重整形後は若干の腫れがあるモノと思っておきましょう。施術後の腫れは約2~3週間ほど続くと言われています。徐々に腫れが少なくなり、1か月も経つころには腫れのないくっきり二重になっているでしょう。

「2~3週間も腫れが続くの!?」と思われた人も多いでしょう。目は必ず人目につく場所です。ここが腫れていると何かあったのかと思われてしまいますし、それが2~3週間毎日だと周りからの目も気になるかと思います。できるだけダウンタイムの期間を短縮したいと考える人も多いかと思いますので、この次で二重整形の腫れを抑える方法をご紹介しましょう。

二重整形の腫れを抑える方法はある?


二重整形の腫れは施術を受ければ必ず起こりうる症状です。埋没法でも切開法でもこれを避けることはできません。埋没法は切開しないため、切開法に比べれば腫れの度合いも期間も短く済みます。切開法は2~3週間続くものだと思っておきましょう。

施術後の腫れのピークは施術後2~3日目です。この頃に瞼が一気に腫れるため、施術後2~3日目は極力外に出ないようにした方が良いかもしれません。日中の外出であればサングラスを装着しておくと良いでしょう。では腫れを抑えるためにしておきたい3つの方法をご紹介します。

目の周りを冷やす

目の周りを冷やすことで腫れを早めに引かせることができると言われています。腫れは患部が熱を持った状態なので、ここを冷やすことで腫れの症状を抑えることができます。冷やすことをしているかしていないかによって腫れの度合いが大きく異なるとも言われているので、腫れが完全に引くまでは極力冷やすようにしておきましょう。

注意しておきたいのは患部を冷やすのはNGということ。切開法は皮膚の一部を切開し、施術後は傷跡として残ります。傷跡がしっかり塞がるまでは水で濡らすことは良くありません。瞼を冷やさず、目元周辺を冷やすようにしましょう。

目元を冷やすアイマスクには目周辺があいているデザインのものもあります。それを使えば瞼にマスクがかかりませんので、効率よく目元周辺だけを冷やすことができますよ。

スマホやパソコンの使用を控える

スマホやパソコンは現代人にとって必需品。暇があればついついスマホを見てしまう……なんて人も多いんじゃないでしょうか。必需品なので厳しい人もいるかもしれませんが、施術後は極力スマホやパソコンの使用を控えることがおすすめ。スマホやパソコンを見ていると目を酷使してしまうため、目が疲れてしまいます。これによって腫れがひどくなったり長引いたりすることもあるのです。

目をしっかり休ませることでダウンタイム症状を早めに改善できるかもしれませんので、施術後1週間はスマホ・パソコンをなるべく使わないようにしておきましょう。

激しい運動やアルコール摂取を避ける

瞼に腫れがあるときは激しい運動・アルコールの摂取を避けるようにしてください。激しい運動とアルコールの摂取はどちらも体温を上げることになります。体温が上がることで患部の腫れがひどくなってしまうことがあります。腫れの期間も長引いてしまうため、こちらもスマホ同様極力控えるようにしましょう。

体温が上がることを避けなけばならないので長時間の入浴もおすすめできません。また辛いものをたべることでも体温は上がりますので、香辛料が多く含まれる食事も避けておいた方が良いでしょう。

二重整形を受けるクリニックの選び方

ポイント
二重整形が受けられるクリニックは全国各地にあります。その中からどこを選べばいいのか、ここでクリニック選びのポイントをご紹介しましょう。

通いやすいクリニック

二重整形を受けるのであれば通いやすい場所にあるクリニックがおすすめ。自宅や職場の近く、駅から近い、車で短時間で通えるといった条件を満たしている場所を選びましょう。

埋没法で受ける場合は一度受ければその後は行く必要はありませんが、糸が切れたり遊んでしまった場合は再度施術を受ける必要があります。切開法は施術後1週間目に抜糸に行かなければならないため、最低でも2回はクリニックに行かなければいけません。

そのほかにも二重整形後のダウンタイム症状によってはクリニックに行くこともあります。ダウンタイム症状が強い、または症状の持続期間が長い場合は医師に診察してもらった方が良いため、この場合もクリニックに出向かなければいけません。

これらの理由から数回クリニックに通う可能性があるので、行きやすい場所にあるクリニックを選ぶ>ことがおすすめです。

費用が明確で予算内に抑えられるか

施術の費用が明確で、予算内の費用でおさえられるかも重要なポイント。二重整形のどちらの術式を希望するかによって費用は異なりますが、考えている予算内で済ませることができるクリニックを選びましょう。そうすれば施術後の支払いも滞りなく行えます。

カウンセリング時の医師の対応

施術前に必ずカウンセリングがありますが、カウンセリング時に医師は施術の説明とダウンタイムの説明をしっかりしてくれるかをチェックしておきましょう。説明内容に不備がある場合はそのクリニックは避けておいた方が良いかもしれません。説明がなかった場合はこちらから質問しても構いません。質問に対して丁寧に答えてくれるのであればそのクリニックに決めてもいいでしょう。

口コミ評判をチェック

クリニックにはさまざまな人からの口コミが寄せられています。口コミを見れば二重整形を受けたという人も見つかるかと思いますので、実際に施術を受けた人の声を見ておきましょう。施術に満足しているか、医師やスタッフの対応は良かったかをチェックし、それからカウンセリングに行くことをおすすめします。

二重整形後の腫れは対処法次第で抑えられる!


二重整形後の腫れは埋没法でも切開法でも避けることができません。しかしここで紹介した腫れを抑える方法を実践すればダウンタイム期間が短く済むかもしれないので、二重整形を受けるのであればぜひ実践してみてくださいね。
腫れる期間が短く済めばいち早くくっきりとした二重ラインを手に入れることができますよ。