二重整形は痛い?切開法と埋没法での違いや抜糸時の痛みについて解説

「二重整形をしてみたいけれど痛いのは嫌!」という方は少なくないはず。

そこで今回は、二重整形の「痛い!」に焦点をあてて情報をお届けします。

「痛いのは嫌!」という方、ぜひ参考にしてください♡

品川美容外科

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料カウンセリングに行ってみてください。
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。

二重整形とは


二重整形とは、まぶたの開きを美しく整えることで理想の二重まぶたへと導く美容整形のひとつです。二重整形には大きくわけて『埋没法』と『切開法』の2つがあります。

メスを使わない埋没法

埋没法は、メスを使わないことが主流の二重整形です。理想の二重ラインにそって糸を埋め込むことで二重まぶたを形成します。傷跡が残るリスクが低い二重整形です。

埋没法はプチ整形としても知られており手術時間が短いこと、ダウンタイムが短いこと、リーズナブルな価格で二重整形できることが特徴です。

手術時間は5分から20分、ダウンタイムは腫れや内出血が4日間から5日間ほど、価格はクリニックによって異なりますが比較的安い価格で提供されています。

埋没法の効果は、永久的なものではありません。しかし、手軽に二重整形ができます。

メスを使う切開法

切開法は、メスを使うことが主流の二重整形です。皮膚とまぶたの中の組織をつなげることで二重まぶたを形成します。この時、要らない皮膚や脂肪を取り除くことが可能です。切開法は、メスを使うので傷跡が残るリスクが高いと言われています。

切開法の手術時間は30分から40分、ダウンタイムは2週間、価格はクリニックによって異なりますが埋没法よりも高い価格で提供されることが一般的です。

切開法の効果は、半永久的だといわれています。また、埋没法よりもデザインの幅が広がるので満足度の高い手術に期待できます。ただ、手軽な二重整形とは言えません。

二重整形の手術中に「痛い!」と感じることはほとんどない


二重整形の手術中に「痛い!」と感じることは、ほとんどないと言われています。二重整形の手術中は、麻酔をしているからです。

しかし、二重整形の術前におこなう麻酔は「痛い!」と感じる方が多いと言われています。

二重整形の埋没法や切開法をおこなう場合、局所麻酔を用いることが一般的です。局所麻酔は、注射を使って麻酔液を注入します。そのため、注射の時のチクッとした感覚が「痛い!」という方、麻酔液を注入する際の鈍痛が「痛い!」と感じる方がいると言われています。

ただ、「痛い!」と感じないために麻酔をするための麻酔を導入しているクリニックが多い傾向にあります。点眼による麻酔やクリームを塗る麻酔、医療用のガスを吸うことで痛みを和らげる笑気麻酔などさまざまな麻酔が準備されています。

また、「痛い!」と感じないために麻酔を打つ時の注射針にもこだわっているクリニックがたくさんあります。

「痛い!」と感じやすい方は、麻酔をするための麻酔が充実しているクリニック、麻酔をするときの注射針にこだわりのあるクリニックを選択することをおすすめします。事前のカウンセリングで「痛い!」と感じやすいことを伝えると、痛いと感じないための独自の対処法を教えてもらえます。

二重整形の手術後は麻酔が切れて「痛い!」と感じることがある


二重整形の手術後は、麻酔が切れてしまうので「痛い!」と感じることがあります。埋没法の場合に「痛い!」と感じるポイント、切開法の場合に「痛い!」と感じるポイントをそれぞれご紹介します。

埋没法の場合に「痛い!」と感じる4つのポイント

埋没法の場合に「痛い!」と感じるポイントを4つご紹介します。埋没法の場合のダウンタイムは、「痛い!」と感じるだけでなく、内出血や腫れを感じる場合があります。しかし、いずれも4日間から5日間程度で落ち着くと言われています。

「痛い!」と感じるポイント①術後すぐ!まぶたの表面が「痛い!」と感じる

埋没法の場合に「痛い!」と感じる1つ目のポイントは、術後すぐの段階です。糸を埋め込んだ箇所を中心に、熱くなるように痛い感覚があります。しかし、処方されたお薬で我慢できるような鈍痛です。

ただ、まぶたの表面に物をぶつけた場合、強く触った場合は、強い痛みを感じると話題になっているので気を付けましょう。

「痛い!」と感じるポイント②術後すぐ!まぶたの裏側が「痛い!」と感じる

埋没法の場合に「痛い!」と感じる2つ目のポイントは、1つ目と同じく術後すぐで、まぶたの裏側が「痛い!」と感じることがあります。また、「痛い!」と感じるとともに異物感を感じることがあると言われています。この痛みや異物感は、4日間から5日間程度でおさまると言われているものです。

しかし、稀に糸がまつげをを巻き込んでいる場合や糸がゆるんで眼球に触れている場合もあります。そのため、万が一痛みが長く続くようなことがあった場合、すぐにクリニックに相談しましょう。

「痛い!」と感じるポイント③ダウンタイム中!上を向くと「痛い!」と感じる

埋没法の場合に「痛い!」と感じる3つ目のポイントは、術後のダウンタイムの段階です。腫れが生じている中、無理に上を向くと「痛い!」と感じることがあります。ただ、この痛みは上を向いた時の一瞬の痛みです。

「痛い!」と感じるポイント④お水が目に入ったとき!「痛い!」と感じる

埋没法の場合に「痛い!」と感じる4つ目のポイントは、お水が目に入ったときです。糸が安定するまでは、目の中にお水が入ると痛い場合があります。

埋没法をしたあとは、表面への刺激もまぶたの裏側への刺激も糸がゆるむ原因になりかねません。気を付けましょう。

切開法の場合に「痛い!」と感じる2つのポイント

切開法の場合に「痛い!」と感じるポイントを2つご紹介します。切開法の場合のダウンタイムは、「痛い!」と感じるだけでなく、内出血や腫れ、傷跡、色素沈着が生じる場合があります。

「痛い!」と感じるポイント①術後すぐ!まぶたの表面が「痛い!」と感じる

切開法の場合に「痛い!」と感じるポイントの1つ目は、術後すぐの段階です。傷口周辺が「痛い!」と感じる可能性があります。しかし、処方されたお薬を飲むと耐えられるようなじんじんとした痛みです。

「痛い!」と感じるポイント②抜糸のとき!引っ張られるような痛みを感じる

切開法の場合に「痛い!」と感じるポイントの2つ目は、抜糸のときです。抜糸するときは、まぶたが引っ張られるような感覚で「痛い!」と感じる方もいらっしゃいます。しかし、麻酔するほどの痛みではありません。

ただ、クリニックによっては抜糸のときにも笑気麻酔をしてくれる場合があります。痛みが心配な方は、カウンセリングで確認することがおすすめです。

「痛い!」と感じないために手術前に出来る2つの対策

「痛い!」と感じないために二重整形の手術前に出来る2つの対策をご紹介します。

対策①麻酔の痛みに対処できるクリニックを選ぶこと

「痛い!」と感じないために二重整形の手術前に出来る1つ目の対策は、麻酔の痛みに対処できるクリニックを選ぶことです。

前述した通り、麻酔をするための麻酔をしてくれるクリニック、麻酔をするときに痛みを抑えられる注射針を使用してくれるクリニックがあります。また、麻酔のときに「痛い!」と感じないために、独自の対処法がある場合もあります。

そのため、「痛い!」と感じないために、手術前にカウンセリングで確認しましょう。

対策②経験豊富で技術力のあるクリニックや医師を選ぶこと

「痛い!」と感じないために二重整形の手術前に出来る2つ目の対策は、経験豊富で技術力のあるクリニックを選ぶことです。

クリニックや医師によって腫れや内出血、痛みなどが生じるダウンタイムが短くなったり長くなったりします。「痛い!」と感じないためには、経験豊富なクリニックや医師、技術力の高いクリニックや医師を選ぶようにしましょう。

クリニックや医師を選ぶときにはホームページやカウンセリング、口コミ、評判などを確認することが大切です。ホームページやカウンセリングでは、クリニックや医師の経験や症例、実績、取り扱う手術や得意な手術などを確認しましょう。また、手術内容も十分に理解しておくことは必須です。

クリニック選びや医師選び、手術選びは十分に時間をかけて慎重に行いましょう。カウンセリングは、複数のクリニックで受けて比較することをおすすめします。

「痛い!」と感じないために手術後に出来る2つの対策


「痛い!」と感じないために二重整形の手術後に出来る2つの対策をご紹介します。

対策①冷却すること

「痛い!」と感じないために二重整形の手術後に出来る1つ目の対策は、冷却することです。手術後の「痛い!」を防ぐため、また、腫れやむくみ、内出血を緩和するためにおすすめします。

特に手術当日は、寝る前まで冷却することを意識してください。手術の次の日からは、冷やしていると心地良いときだけでかまいません。また、1週間すると炎症が落ち着いてきます。そのため、意識して冷却しなくても大丈夫です。

切開法の場合は、ダウンタイムのときの症状が特に強くでます。そのため、医師の指示にしっかりと耳を傾けて指示通りの生活を心がけましょう。

それから、ダウンタイムの症状には冷却すること以外にも『安静にすること』『血の巡りを良くしすぎないこと』『下を向くことを極力避けること』などがおすすめです。「痛い!」と感じることのないように、しっかりと対策をしましょう。

対策②まぶたへの刺激を避けること

「痛い!」と感じないために二重整形の手術後に出来る2つ目の対策は、まぶたへの刺激を避けることです。手術後のまぶたはとてもデリケートになっています。そのため、不必要に触ること、こすること、引っ張ること、刺激を与えることは避けましょう。

後戻りしない綺麗な二重まぶたをキープするために、意識してくださいね。

二重整形でお悩みの方はカウンセリングを受けましょう!


今回は、二重整形の「痛い!」に焦点を当てて情報をお届けしました。

二重整形のことでお悩みがある方は、まずはカウンセリングを受けましょう。カウンセリングは、複数のクリニックで受けることをおすすめします。満足度の高い二重整形をするために、クリニックや医師や施術内容は慎重に決めましょう

簡単にカウンセリングの予約ができるように、クリニックの情報もご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

二重整形で理想の二重まぶたになって、ますます魅力的になりましょう♡

品川美容外科

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料カウンセリングに行ってみてください。
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。