二重整形は高校生でもできるの?バレる心配と親への相談方法について

高校生でも二重整形したい子は多い

昨今では、二重整形をする人は多くプチ整形と呼ばれて親しまれている整形でもあります。
芸能人や有名人以外にも、身近な人が二重整形をしているということも珍しいことではなくなってきました。

高校生が抱える悩みの一つ

二重整形という言葉から、整形は大人がするものでとても高額である、というイメージがどうしてもあります。しかし、二重整形に憧れる高校生は、一昔前と比べるとかなり増えています。
若い人でも男女問わず二重整形を行う人は増えてきており、プチ整形と呼ばれるくらい、二重整形は身近なものになりつつあるのです。
また、若い人を中心に見た目や美意識に気を使う人が増えてきており、一重の悩みを抱えている高校生は実はかなりいます。

高校生が二重整形したくなるきっかけ

考え方や美意識は、徐々に変化してくるのが時代ですが、現代の高校生は情報社会の中で見た目を気にする子が多い傾向があります。
ではそもそも、なぜ高校生という年齢の子たちが二重整形をしたいと感じるようになるのでしょうか。

モデルやインスタグラマーに憧れて

一昔前と比べて、今はスマートフォン一つでさまざまな情報をたくさん入手できるようになりました。SNSが発展し、TwitterやInstagramといったアプリで芸能人やモデルさんなどの存在を身近に感じられますよね。
可愛いモデルさんや、ぱっちり二重で素敵な自撮り写真をアップしているインスタグラマーなど、日常的に見ていることで「自分も二重整形をして可愛い目元になりたい」と思うようになるのです。
普段からSNSなどになれていて、流行や情報などを常に閲覧できる現代の高校生ならではの理由でしょう。

友達のぱっちり二重を見て

高校生が二重整形をしたくなるきっかけはの中には、友達やクラスメイトなる身近な存在も含まれます。毎日一緒に時間を過ごす友達が、ぱっちり二重だったら憧れてしまうものです。
自分は一重で、友達が綺麗な二重なのを見て「羨ましい」と感じてしまう人は、特に女の子だったら多いですよね。
特に女の子は自分の見た目にコンプレックスを抱きやすいですから、友達の二重が可愛い、二重だからこの子はモテるんだ、などと思ってしまいがちです。
友達に憧れて二重整形をしたがる高校生も珍しくありません。

他人がやっているのを見て

SNSが発展したことによって、自分とはまた違った世界を知る機会がかなり増えてきました。昨今ではyoutubeで活動する若い人も多く、情報発信などが行われていますよね。
その中には、プライベートなものもあれば整形をカミングアウトする内容の投稿もよく見られます。
二重整形をしたことを経験談として語っていたり、メリットデメリットを教えてくれるなどの発信を見て自分もやってみたくなるのです。
高校生でも二重整形ができないわけではありません。そのため二重整形をしたことをInstagramやyoutubeなどで語っている子もいますから、そこから自分も二重にしてみたいと考えるようになるのでしょう。

二重整形は周囲にバレる?親への相談方法とは


今まで一重だったまぶたが、二重整形をによってぱっちり二重になったらやはりバレるのか?と不安に思う方もいますよね。
また、高校生で二重整形を行うとなれば親御さんの同意が必要となります。親御さんへの相談方法なども捉えておきましょう。

二重整形はアイプチと誤魔化しても意外とバレる

まず二重整形はバレるのか、ですがまず第一に言えるのは二重整形はバレます
人によってはバレたくないと思い、アイプチなどと言って誤魔化す方もいますが一重から二重になることで、周囲の人は明らかに違和感を覚えるのです。目元が二重になるというだけで、雰囲気がぐっと変化するため多くの人は二重整形に気づくでしょう。
特に高校生の場合、メイクで誤魔化すこともなかなか難しく、二重整形を受けた後はほとんどバレるといっても過言ではありません。
整形に詳しくない人や、美容などにあまり興味のない人はアイプチと言ってしまえば気づかないこともありますが、女性同士や親密な関係の相手にはバレてしまうでしょう。

親御さんには悩みを素直に打ち明ける

高校生が二重整形を受けるにあたって、かならず親御さんの同意が必要となります。むしろ同意書を求めてこないような医療機関では、二重整形を受けない方が良いでしょう。未成年であり、学生のみですから親から同意が得られなければ二重整形を受けられません。
当然ご両親にはしっかりと事情を話す必要があります。「何故二重整形を受けたいのか」「二重整形を受ける必要があるのか」きちんと自分の事情や、悩みを打ち明けた方が親御さんも受け入れてくれやすくなります。
ただ「二重整形を受けたいから同意して」と告げるだけでは、親御さんも納得してくれません。二重整形を高校生で受けると決意した、その理由や悩みを抱えていることを告げながら伝えてください。

親御さんが反対する理由を知ろう

多くの親御さんは、高校生の自分の子供が二重整形を受けたいと告げてきた悩むでしょうし反対する可能性が高いです。
というのも、親御さんの世代は整形に対してあまりいい印象を持っていないことがほとんどだからです。昔は今ほど整形の技術も向上していませんし、体にメスを入れる、失敗してしまうといったイメージを持っています。
親御さんに相談をするときは、親御さんがなぜ反対をするのか、ときちんと聞いたうえで二重整形の相談をするべきです。
お互いの意見交換をしっかりと行ったほうが、考え方や本心も見えてきますよね。

学生で行うメリットを伝えてみる

親御さんの中には、未成年だから、学生だからまだ二重整形はさせられないと考える方もいるでしょう。そういった方には、学生だからこそ受けられるメリットを伝えてみてください。
例えば、クリニックによって学割によって安く二重整形を受けられることがあり社会人と比べるとかなり金額に差が生まれます。
またそれ以外にも、学生は長期休暇がありますよね?
一番長いので夏休みで、一ヶ月は学校に行かない期間があります。整形ですからまぶたが腫れたり違和感を感じる期間があるのですが、長期休暇と合わせて行えば腫れている間は人に会わないで済みますし、二重整形を受けた後でも、会わない期間が長かったため違いに気づかないという意外なメリットもあるのです。
社会人になるとなかなか長期の休養はとりにくいです。まぶたが手術後腫れたまま出勤してしまうなんて嫌ですよね。

高校生での二重整形はどんな施術をするの?


高校生で二重整形をするとなれば、やはり気になるのが施術方法でしょう。プチ整形といえど整形ですから、腫れるのか?痛みはどのくらいなのか?と考えてしまいます。
高校生はどんな施術方法が適切なのでしょうか。

二重整形には主に二つの施術方法がある

二重整形を行う施術方法は、医療機関によっても様々ですが、大きく分けて二つあります。まずはその施術方法の種類と、それぞれの特徴を知っておきましょう。高校生の二重整形にはどの施術方法が適切なのでしょうか?

切開法

名前の通りまぶたにメスを入れて行うのが切開法という施術方法です。一重まぶたに乗っている余計な脂肪を取り除き、皮膚を縫い合わせることによって二重を作り上げるため、当然施術後は数日間腫れます。また切って行う二重整形なので、やり直しもなかなかできません。
やり直しはできませんが、元に戻ってしまう心配がなく完全な二重を作り上げることができるという特徴を持っています。
施術中は、麻酔を行いますから直接的な痛みはありませんが麻酔をするときの傷みや、麻酔が引いた後は多少痛みを感じることもあります。
切開法は施術後二週間ほどは腫れるといわれていて、赤みや傷跡も目立ちやすい施術方法です。また切開法はクリニックによって差はありますが、十万円以上の価格が生じると思ってください。

埋没法

二つ目は埋没法です。
こちらはメスを入れない施術方法で、医療用の糸を使って行います。医療用の糸を、二重のラインにかけてまぶたの裏側からまぶたの皮膚を織り込んでいく方法です。一番の特徴は、糸を取り除くことでまぶたが元に戻りますから、やり直すことが可能であることでしょう。もちろん腫れはあるのですが、切開法に比べると収まるのは早いです。
クリニックによってはかなり低価格で行ってくれることもあり、気軽なプチ整形として行う方が多いのが埋没法です。

高校生の二重整形には埋没法が適切

切開法の場合は、完全にまぶたの腫れが引いてくれるまで、長くて六ヶ月はかかるといわれています。そのため高校生の二重整形では埋没法が適切でしょう。
埋没法でも施術後三日は、腫れてしまうのですが一週間程度で馴染んできて、完全に腫れが消えるのは一ヶ月ほどです。
夏休みなどの長期休みなどを利用すれば、周囲にバレることなく二重整形を行えるでしょう。
またそれ以外にも、埋没法はやり直しがきく二重整形ですから初めての二重整形に最適ですし、金銭面を見ても埋没法の方が比較的低価格で行えます。

まとめ

ここまで高校生の二重整形について、方法や二重整形を受けたいと思うきっかけなどを見てきました。
まずはバレる、親の説得などあらゆるリスクを考えて、慎重に二重整形を受けるか考えましょう。二重整形は簡単なようで簡単に二重になれるわけではありません。
傷みも当然ありますし、気軽と言われている埋没法で行っても腫れるのです。周囲の理解をきちんと得ること、バレるかもしれないというリスクがあることを理解しておく必要があります。
親御さんが反対しているのに、無理に二重整形をしてしまったら関係性が崩れてしまうことだってあるのです。自分だけではなく、周囲の人の理解を得られるようになってから二重整形を受けましょう。
慎重な準備が必要なのです。