二重整形で失敗したらどうなる?失敗例と失敗しない方法を徹底調査

二重ラインがくっきりの二重は女性なら誰もが憧れますよね。
元々二重だという人はいいかもしれませんが、元々一重の人はアイプチなどを使って毎日二重ラインを作っているのではないでしょうか?手軽に二重ラインを作ることができても、毎日の手間を考えるとやはり面倒ですよね。

毎日の手間いらずで二重になりたいのであれば二重整形がおすすめです。二重整形をしてしまえば一時、または半永久的に二重ラインをキープすることができます。プチ整形としても人気を集めているのでやってみようかなと考える人も多いでしょう。

ただ二重整形をするとき、もし失敗したら……と考える人も少なくないかと思います。ここでは二重整形について、二重整形で失敗することはあるのか、失敗するとしたどんな例があるのかをご紹介します。失敗しないためのコツについてもお教えしますので、二重整形を検討している人は必見です!

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料のカウンセリング予約をしちゃいましょう♪
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。

二重整形とは?


まずは二重整形について詳しくご紹介しましょう。

二重整形について

二重整形とは一重の瞳に二重ラインを形成し、大きくパッチリとした二重に見せる整形方法です。これをすることで目が大きく見えるようになりますし、毎日アイプチをする必要もなくなります。これまで一重がコンプレックスだった人はコンプレックスが解消され、自分に自信が持てるようになるでしょう。

二重整形には切開法と埋没法があります。それぞれで施術方法が異なりますので、解説しましょう。

二重整形 切開法

切開で二重整形をするときは、上瞼の一部分にメスを入れ、脂肪などを取り除きます。余分なものを取り除くことで二重ラインが形成されます。切開するため切開した傷は残ります。ただこの傷は二重ラインで隠れるようにしてくれるため、目を閉じたりしない限りは気付かれることもないでしょう。

切開法の効果は半永久的に続くと言われています。一度行えばその後二重ラインが消失する恐れも少ないため、何度も病院に行って施術を受ける必要もありません。その一方で施術費用が高いというデメリットもあります。費用については後ほど詳しくご紹介しましょう。

二重整形 埋没法

二重整形の埋没法は皮膚を切開せず、糸を使って二重ラインを形成します。糸が絡まることなく、しっかりと張っていればキレイな二重ラインが完成します。こちらは傷跡が残ることもありませんので、周囲の人に二重整形をしたとバレる心配もないでしょう。

埋没法の効果持続期間は個人差があります。早ければ1か月程度でなくなる人もいるようですが、ながければ1年以上効果が持続する人もいます。持続期間は医師の腕にもよるため、埋没法の症例数が多い医師にお願いすることがおすすめです。二重整形をお願いする医師の選び方については後ほど詳しくご紹介します。

二重整形にかかる費用

二重整形には施術費用がかかりますが、切開法と埋没法のどちらを選ぶかによって費用が変わります。

埋没法の費用相場は2万~20万円となっています。とても幅広いですが、これには理由があります。埋没法は糸を留めることで二重ラインを形成する施術です。クリニックによって糸の本数が異なり、糸の本数が多くなればなるほど二重ラインの強度が強くなり、費用も高くなります。2~3点というところもあれば10点というところもあります。持続期間を長くしたいのであれば糸の本数が多いところを選びましょう。

切開法の費用相場は20万~40万円です。切開法は皮膚を切開する施術なので医師の高いスキルが必要とされます。特に目元は少しの失敗が危険になりますので、その分費用も高くなってしまうのです。

切開法・埋没法のどちらも自由診療です。健康保険を使っての施術ではありませんので、全額自己負担となります。自由診療の施術は基本的にはクリニック側が自由に施術費用を決めることができます。費用相場の幅が広いのはこの理由からです。安い金額を設定しているクリニックもあれば高い金額設定しているクリニックもあります。

二重整形のダウンタイム

二重整形はダウンタイムが生じますが、切開法か埋没法かによって異なります。

切開法は皮膚を切るため、ダウンタイムが強く出ることがあります。症状としては赤み・腫れ・痛み・ほてりといったものです。術後は麻酔が効いているため痛みなどは感じませんが、ほてりは術後すぐから出るかもしれません。麻酔が切れてくると腫れや痛みと言った症状が出てくることがあります。

施術をしたクリニックから痛み止めなどの鎮痛剤がもらえるかと思いますので、痛みが強くて我慢できないときは薬を飲んでおきましょう。ダウンタイム症状は1週間~1か月ほどで徐々になくなっていきます。

埋没法は切開法に比べてダウンタイム症状が比較的軽く済みます。術後のほてり、腫れや少しの痛みを感じることもありますが、症状は1週間程度で落ち着くことが多いようです。

二重整形で失敗することはある?

二重整形は目元の整形施術です。埋没法はメスを使わないことから手軽なプチ整形にも該当される施術ですが、二重整形で失敗することはあるのでしょうか?

ネットで「二重整形 失敗」と検索すると以外にもたくさんの人の声が出てきます。二重整形は誰でも手軽に挑戦できる施術ではありますが、その分失敗する例も多いということです。ではどんな失敗例があるのか?この次の項目でご紹介します。

二重整形の失敗例


二重整形に失敗したという例についていくつかご紹介しましょう。

・二重のはずが三重になった
・二重の幅が広すぎておかしい
・横から見ると腫れているように見える

この中でも特に多いのが二重の幅が広すぎておかしいという失敗例。二重の幅はちょうどいい広さであれば違和感のない目元となります。しかし幅が広くなればなるほど整形したような目になってしまうため、おかしく見えてしまうのです。幅が広いことで二重整形をしたことがばれてしまったという人も少なくないでしょう。

二重整形の切開法は埋没法にはない失敗例もあります。切開をした傷跡が深すぎたせいか、目頭に食い込んでしまうことがあります。時間の経過とともに自然になると言われていますが、自然にならなかった場合は明らかな失敗だといえるでしょう。

二重整形はダウンタイム症状が落ち着くまでは整形後の状態がわかりません。腫れや赤みが完全に引けば違和感がなくなるため、術後に違和感があってもすぐに失敗を疑わず、一カ月はまってみましょう。一カ月を過ぎても違和感がある場合は施術をしたクリニックに行って失敗かどうかを判断してもらうことがおすすめです。

二重整形で失敗したくないなら医師選びが重要!


二重整形をして失敗した人は意外に多いものです。自分の思っていた姿とは違うと感じれば、それは失敗となります。ではなぜ自分が思っていた姿と異なってしまうのか?これは医師の腕の問題、または医師とのコミュニケーション不足が挙げられます。

二重整形はプチ整形にも該当する手軽な施術というイメージがあるかと思いますが、切開法は皮膚にメスを入れるため高度な技術を要します。医師の腕によって仕上がりに差が出るとも言われているため、二重整形の切開法を行うときは腕の良い医師にお願いすることが大切です。

二重整形の施術前は必ずカウンセリングが行われます。カウンセリング時に医師とどんな二重にするかを詳しく話し合いますが、ここで自分の希望をすべてつたえておく必要があります。希望を伝え、その上で医師にできそうかどうかを判断してもらい、可能であればそのまま施術ということになります。

カウンセリング時に医師ときちんと話せていなかった場合は自分が思い描く仕上がりとはまったく異なる仕上がりになるかもしれません。そうなれば二重整形に失敗したと感じても無理はありませんので、お金と時間を無駄にしてしまいます。

大切なのはきちんとコミュニケーションが取れる腕の確かな医師を見つけることです。この次から二重整形をするときの医師の選び方についてご紹介していきましょう。

二重整形をするときの医師の選び方


二重整形は手軽に行える施術ではあるものの、中には失敗としたという声もいくつかあります。目は特に人目につきやすい部分なのでここを失敗されると気軽に外出することもできません。ここでは二重整形で失敗されないために覚えておきたい医師の選び方についてご紹介します。

二重整形を得意とする医師を選ぶ

医師は人それぞれで個性が異なります。人によって得意な分野があるように、医師にも得意とする施術分野があるのです。目元の整形を得意とする医師、豊胸術を得意とする医師、痩せ身を得意とする医師など、個人差が大きくわかれます。

二重整形をするときは二重整形や目元の施術が得意な医師を探しましょう。医師が何を得意としているかはクリニックの公式サイトから知ることができます。医師のプロフィール画面に飛べば得意としている施術分野について紹介されているかと思いますので、そこから目元の施術が得意な医師を探しましょう。

クリニックによっては二重整形を特に推しているところもあります。二重整形に長けている医師が在籍している場合はその医師が編み出したオリジナルの二重整形術を行っているところも。オリジナルの施術が編み出せるということは二重整形の症例数が多く、知識も豊富ということです。そういった医師に依頼してみてもいいですね。

カウンセリングで医師の対応をチェック

二重整形の施術前に必ずカウンセリングが行われます。カウンセリングでは医師と一対一で話すことになりますので、この時にどれくらい医師と会話ができるかも二重整形を成功に導くために必要なことです。

まず医師から二重整形についての説明があり、その後幅の広さやデザインなどを双方で打ち合わせしていきます。医師が独自の見立てでこのようなデザインはどうかと提案してくることもあるため、それで納得できるのであればそのままお任せしても構いません。

ただ自分なりに仕上がりに希望があるのであればその希望は必ず伝えてください。医師は患者様の希望に極力沿ってくれます。仕上がりに違和感が生じるようであればほかの方法を提案してきますが、基本的には患者様の希望に沿った仕上がりを目指してくれるでしょう。

医師とじっくり話すのはカウンセリングのみです。その後は施術が行われるため、施術前にいろいろと話し合う暇はありません。カウンセリング時に医師としっかり話し、医師の人柄をきちんと見ておきましょう。患者の意見を尊重してくれるか、医師としての意見を言ってくれるか、双方が納得できる方法で施術をしてくれるか、医師は信頼できる人かをチェックしておいてください。

体の一部にメスを入れるのですから、信頼できる医師にお任せすることも大切ですよ。

万が一のときの保障について聞いておく

クリニックによってアフターフォローの内容は異なります。また施術別にさまざまな保証内容を用意しているところもありますので、いくつかのクリニックの保障内容についてチェックしておくと良いでしょう。保証内容としては保証期間・納得の出来ない仕上がりの場合の補償内容・施術費用についてを見ておきます。

保証内容として不十分なものであればそのクリニックでは施術を受けない方が良いかもしれません。保証内容がしっかりしているところは万が一のことがおきても安心です。逆に保証内容が充実していないと、仕上がりに満足できなくても保証がないため、また高い金額を払って再施術となります。

これを防ぐためにも事前にクリニックの公式ページから二重整形の保障内容をきちんと確認しておいてください。公式ページから確認できなかった場合は、カウンセリングに行ったときにどんな保証があるかを医師やコンシェルジュに確認しておくことがおすすめです。

慎重な医師選びで失敗なしの二重整形をしよう!


二重整形は手軽に試せる施術ですが、適当にクリニックを選んでしまうと失敗してしまうということもあるかもしれません。失敗すると周囲に整形がばれてしまうだけでなく、自分自身に自信も持てませんよね。

二重整形をするときはここでご紹介した医師の選び方を参考に、慎重に施術をお任せするクリニックを決めましょう。確かな腕を持つ医師が在籍しているクリニックが見つかったらカウンセリングに行ってみてください。実際に医師と話してみて、信頼できると感じたら施術を依頼してみましょう。

腕の良い信頼できる医師にお任せすれば、失敗なしで理想の二重ラインを手に入れることができますよ!

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料のカウンセリング予約をしちゃいましょう♪
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。