二重整形はやり直せるの?修正・再手術の方法やダウンタイムについて解説

プチ整形としてすでに定着しつつある二重整形ですが、誰しもが一回の施術で満足のいく結果を得ているわけではありません。
二重整形を行った人の中には「思ったような仕上がりにならなかった」「埋没法の糸が取れてしまった」などの理由で、やり直したいと思う方もいるのです。
そんな二重整形の修正について、修正や再手術の方法についてまとめました。

二重整形をした後ってやり直しできるの?

疑問

そもそも二重整形を行った後、修正は可能なのでしょうか?
結論から言うならば、二重整形の修正は可能です。ですが、場合によっては完ぺきな修正ができない場合もあります。誰しもが必ず二回目の二重整形ができるというわけではありません。二重の状態や、残っている皮膚によっても修正できる方と出来ない方がいるのです。
まずは埋没法や切開法と、それぞれに分けて修正の方法やダウンタイムについて知っておきましょう。

埋没法は再施術が可能

二重整形をした施術方法が埋没法であるならば、比較的高い確率でもう一度施術をしたり、二重整形を修正することは可能です。
埋没法は、脂肪を取り除いたりメスを入れているわけではありませんから、目元の脂肪が厚すぎる、たるみが出ている、などの状態でなければもう一度埋没法によって修正が出来るのです。

大幅な修正を行うとなると、糸を取る必要がありますが、1,2㎝ほどの幅なら抜糸をせずに埋没法で修正ができます。埋没法の方が比較的簡単に修正ができるというわけですね。

埋没法は糸が取れてしまう可能性がある

埋没法は切開法と比べると、埋没法で使用した糸が取れてしまう可能性があります。徐々に二重幅が狭くなり、二重瞼がそのまま元に戻ってしまうこともあるのです。個人差がありますが、急に埋没法の糸が取れてしまったという経験があった方もいます。

日々の習慣からも糸が取れてしまいやすいのが埋没法ですので、その分再手術や二重幅の修正を行いやすいという面があるのです。二重幅が元もに戻ったり、糸が取れてしまうと再手術を行います。

埋没法のダウンタイムはどれくらい?

埋没法での再手術や修正を行うときは、目元の腫れが引いてからにしないといけません。腫れが引くまでの時間をダウンタイムと呼びます。埋没法はのダウンタイムは最低でも一ヶ月は必要とされています。
完全に腫れが引き、通常の状態に戻るまで二カ月程度はかかると思って良いでしょう。一回目の埋没法の糸を残したまま修正を行うことも可能ですがほとんどのクリニックでは、ダウンタイムを経てから修正を推奨しています。

また修正の回数はあまり多いと目元に負担がかかってしまうため、あまり多い回数は推奨されていません。まぶたにたるみが生まれたり、トラブルの元になってしまうので修正の回数は通常2、3回までです。

切開法の再施術は難しいが可能

切開法はメスを入れた二重整形ですが、切開法であっても再施術や修正を行うことが可能です。ただし、一度まぶたを切っているため修正は難しいと判断されることも珍しくありません。
前回の癒着を外し、内部の処理を行ったのち新たに二重幅を作る形になるので、一度目の切開法よりもかなり大掛かりな手術になります。

切開法で修正を行えたとしても、まぶたへの負担が大きくなってしまうのです。クリニックや医師によっては、断られてしまうなどの対応をされることも珍しくありません。

修正できる幅や形は限られてくる

埋没法とは違い、切開法は一度メスを入れています。そのため、修正によって可能な二重の幅や形は埋没法よりも限られてきます。まぶたの皮膚が余っていれば、比較的ラインを整えるのは可能です。
あまり切開をし過ぎてしまうと、目を開閉する際に支障が出て来てしまいかねません。可能な形は限られますし、理想を叶えられない可能性もあるのです。

切開法のダウンタイムはどれくらい?

切開法のダウンタイムは埋没法に比べてかなり長く、最低でも半年間は期間を開ける必要があります。埋没法では、一度目の施術を行っている最中でも修正が行えますが切開法は、確実に腫れが引いたと判断されなければ修正を行えません。
切開法での傷がしっかりと治った状態でなければ、トラブルの元になりますから危険なのです。また回数に関しても、一回目での施術でまぶたの面積が残っていなければ二回目はできませんし、修正が出来てもその後の三回目は難しいと考えてください。

二重整形をやり直したい理由

すべての人が一回目の二重整形で満足できるわけではありません。二重整形を行った後、どういった理由から二重整形をやり直したいと感じるのでしょうか?二重整形を修正した人のきっかけについて、多いものを三つにまとめました。

二重の幅に不満がある

まず二重整形の修正をするきっかけとして多いのが二重の幅に不満を持っている場合です。希望した二重幅よりも広かったり、狭いと感じた場合もう一度理想に近い二重にしてもらいたくなるのでしょう。

ダウンタイムを経た後、「幅が広すぎる」「二重の幅が思っていたより狭い」などの不満を持ち再手術や修正を検討します。
腫れている状態では、上手くシミュレーションができませんからやはり、腫れが収まってからになります。

埋没法をしたら糸が取れてしまった

修正を行いたい理由として多いのが埋没法で糸が取れてしまった場合です。埋没法のリスクとして、施術してくれる医師から糸が取れてしまう可能性について教えてもらうと思います。
埋没法で糸が取れたり緩んでしまうのは、決して珍しいことではありません。

二重のラインが消えていたり、安定していなかったりすると糸が取れてしまっていると考えて良いでしょうから、もう一度取れないように二重整形の修正を行ってもらうのです。

左右がそろっていない、違和感を感じる

せっかく念願の二重にしたのに、左右の二重がそろっていなかったら残念ですよね。腫れている間は、左右の不揃いや違和感を感じませんが、完全に腫れが引くと左右の違いに気づくようになります。
安定してくるとより、二重幅の違いに気づけるようになり二重整形をやり直してほしいと思うのです。
完全に二重整形後の腫れが引いたころに、しっかりと自分の二重幅の状態を確認したうえで、もう一度二重整形をし直してもらうか考えましょう。

二重整形をもう一度やるときの注意点

二重整形をもう一度し直してもらおうと考えたら、しっかりと捉えておきたい注意点がいくつかあります。もう二度と不満を持つことがないように、準備を入念にしておきましょう。

まずは様子を見てイメージを具体的に持つこと

二回目の二重整形を行うのであれば、二重幅の状態を具体的にイメージしておくことが大事です。カウンセリングをしてもらうときに、自分が考える理想の形をなるべく具体的に医師に相談する必要があります。
抽象的なイメージのまま伝えてしまうと、二回目の施術でも理想とはまた離れてしまいかねません。医師に伝わるように自分の中で完成イメージを確立させておいてください。
医師とのコミュニケーションや、イメージの共有によって、施術まで円滑に進められますし、大事なのです。

信頼できる医師との相談が必要

埋没法であっても切開法でも、二回目の施術となるとかなり難易度がアップします。一度施術をしている部分を修正するのですから当然でしょう。その際は、医師選びが重要となるのです。
信頼できる医師と、十分過ぎるくらいの相談が必要で、二回目の二重整形が失敗してしまわないためにも医師とのやり取りや医師選びは妥協しないでください。

専門資格を持っている、症例数をしっかりと公開しているなどから判断したり、実際に相談した時具体的な説明等があるかどうか、など自分の目で確かめておきましょう。
二回目の二重整形の実績や、口コミなどがあるとなお良いですね。

保障の確認をする

二重整形をやり直すとき、保証があったかどうかを確認しましょう。もちろん、一回目の時にもしっかりと保証されているのかどうかを確かめておく必要がります。
何度も再手術ができるわけではありませんが、二回目や失敗後の対応などクリニックによって保証が異なりますから、自分が受けた二重整形で保証の有無を再度確認してください。

保証があることを知らずに、二重整形の修正を受けてしまってうっかり高額な費用を取られてしまった、といった経験がある方もいます。自分が受けられる保証を確認しておかないと、高額な費用となったり自分が損してしまう可能性がありますので、忘れないようにしてくださいね。

かかってしまう費用の確認

二重整形を二回目行うとなると、埋没法であっても切開法であっても上乗せで料金が発生する可能性があります。リスクが高いのが二回目の二重整形ですので、それなりに費用が発生すると考えておいてください。
もちろん上記であげられた保証があれば、費用が抑えられることもあります。それでも医師が行うとき、難易度が上がってしまうため、費用が上乗せになることは多いです。

それ以外にも、一回目のクリニックでミスが生じ、他のクリニックに修正を依頼することもあるでしょう。そういった場合は当然、保証が適応されませんし他院での修正となれば上乗せ費用が掛かってしまいます。二回目の二重整形でどれほどの費用負担が発生してしまうのか、具体的な金額を把握しておいてください。

リスクや自分の二重を確認したうえで二重整形の修正を考えよう

ポイント

二重整形のハードルも下がってきている現代ですが、リスクがなくなったわけではありません。二回目の二重整形を決意した時は、二重のイメージを具体的にして、リスクを把握しておきましょう。
二度目の二重整形ともなると、まず「二回目の施術が可能なのかどうか」を確かめる必要があります。
費用の上乗せや、失敗のリスクなどを十分に把握したうえで二重整形の修正を考えてくださいね。