目の下のたるみにはヒアルロン酸注射が有効?失敗しないための注意点を紹介

目の下のたるみは、様々な原因が組み合わさって起こります。
目の下にたるみがあると、疲れて見えたり、老けて見えたりして、悩みますよね。
日々のスキンケアで頑張っても限界を感じた方は、ヒアルロン酸注射を選んでいます!

この記事では、目の下のたるみにヒアルロン酸注射が有効な理由や、失敗しないための注意点などを紹介しています。
ヒアルロン酸注射は、とても気軽にお悩みを解決できますし、お値段もお手頃です。
あなたもヒアルロン酸注射で、手っ取り早くお悩みを解決してみませんか?

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料のカウンセリング予約をしちゃいましょう♪
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。

目の下のたるみはなぜできる?

目の下のたるみができる大きな原因は、「目の周りの筋肉の老化」「肌のハリや弾力の低下」「目の下の脂肪の増加」の3つです。
それぞれの原因を、詳しく解説します。

目の周りの筋肉の老化

目の周りには、眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉があります。
眼輪筋が衰えてくると、目の周りの組織を支える力が弱くなるので、たるみが出てきます。

パソコンやスマホに向かう時間が長くなると、無表情でいる時間が長くなり、眼輪筋を使うことも減ります。
眼輪筋を使っていないと、使わない筋肉はだんだん衰えていくので、たるみが出やすくなります。

肌のハリや弾力の低下

肌老化の8割は光老化が原因と言われており、紫外線を浴びることで老化が進んでいきます。
地上に届く紫外線には、シワやたるみの原因になるUV-A波と、日焼けやシミの原因になるUV-B波があります。

UV-A波がコラーゲンやエラスチンにダメージを与えると、肌のハリや弾力が低下して、シワやたるみのお悩みにつながります。
このUV-A波は、冬でも夏の半分程度は地表に降り注ぐので、年間を通しての紫外線対策が必要になります。

紫外線を年中気にしていない方に加えて、冬場の紫外線対策がおそろかになっている方も、肌のハリや弾力の低下が起こり、たるみにつながります。

目の下の脂肪の増加

目の下には、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪があります。
この脂肪が多くなることで、目の下がふくらんできて、たるみの原因を作ります。

生まれつき眼窩脂肪が多い人は、若くても目の下がふくらみやすく、くまやたるみに見えることもあります。
下まぶたの皮膚は薄いので、脂肪がたまると突出しやすく、たるみも生じやすくなります。

目の下のたるみにヒアルロン酸注射が有効な理由


目の下のたるみを解消する方法はたくさんありますが、中でもヒアルロン酸注射は有効で、多くの方に人気があります。

目の下のたるみをよく観察すると、ふくらんでいる箇所と、へこんでいる箇所があります。
ふくらんでいる箇所とへこんでいる箇所の段差があることで、たるみが生じます。
へこんでいる箇所にヒアルロン酸を注射して、ふくらんでいる箇所との段差をなくすと、たるみも解消します!

ヒアルロン酸注射の人気の秘密


ヒアルロン酸注射は、手軽に目の下のたるみを解決できることから、とても人気の施術になっています。
人気の理由を7つ紹介します!

メスを使わずに施術できる

ヒアルロン酸注射は、その名のとおり注射だけで施術が終わり、「メスを使わないプチ整形」として人気があります。
メスを使うのに抵抗がある方、大掛かりな整形を望んでいない方にオススメです。

施術時間も短く、前後の準備などを含めても30分程度で終わります!

ダウンタイムが短い

ヒアルロン酸注射は、注射だけで施術が終わるため、ダウンタイムがとても短いです。

傷跡は針穴だけなので、施術直後でもほぼ目立ちませんし、気になる場合もメイクでカバーできます。
内出血や腫れが出た場合も、すぐに落ち着く場合が多く、こちらもメイクでカバーできます。

初めて施術を受ける場合も、余裕を持って1週間ダウンタイムをとれば安心です!
ダウンタイムが全く必要ない方も多いですよ。

アレルギーが起こりにくい

ヒアルロン酸は、もともと体内にある物質で、お肌のハリのもとになります。
体内にある物質なので、注入することによるアレルギーが起こりにくいです!

ヒアルロン酸注射では、絶対にアレルギーが起こらないというわけではありません。
薬剤に含まれる麻酔など、他の原因でアレルギーが起こることもあります。

カウンセリング当日の施術も可能

ヒアルロン酸注射は、カウンセリング当日の施術が可能なクリニックが多いです!

ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、1〜2年で繰り返し注入することが必要になります。
2回目以降の施術では、事前準備もバッチリできているので、カウンセリングと施術の日を分ける必要もありません。
カウンセリング当日に施術ができると、貴重なお休みの日を効率よく使えます!

初めて施術を受ける場合は、勢いで施術を決断しないためにも、カウンセリングと施術の日を分けるのがおすすめです。

すぐに効果を実感できる

ヒアルロン酸注入は、直後から効果が実感できます!
注入した直後は、腫れや麻酔の影響もあり完璧な状態ではないですが、お悩みがかなり解消された顔で帰宅できます。

腫れや麻酔の影響が完全になくなるまでの期間も早く、施術後2週間程度で完成形になります。

もし仕上がりに不満があれば修正可能

仕上がりに不満がある場合は、ヒアルロン酸を溶かす注射を受けることができます。
ヒアルロン酸分解注射を受けると、注射後1〜2日程度でヒアルロン酸が分解されたことを感じられます。

修正する際は、ヒアルロン酸を分解して、2週間くらい空けてからヒアルロン酸を再注入します。

手術前のお試しにも使える

「メスを使った整形に興味があるけれど、いきなり大掛かりな整形を決断できない」と感じている方のお試しとしても、ヒアルロン酸注入は有効です。

まずはヒアルロン酸注射をお試しして、効果が薄れてきた頃にメスを使った整形に踏み切る、という使い方もできます!
メスを使った整形をした際に、頭の中での仕上がりイメージと、実際の仕上がりとの差が少なくなるので、安心して整形に踏み切れます。

ヒアルロン酸注射に失敗しないための注意点


ヒアルロン酸注入はプチ整形に分類されますが、プチ整形でも失敗する方や後悔する方はいらっしゃいます。
失敗や後悔のリスクはできるだけ減らしてから、施術にのぞみましょう!

「ヒアルロン酸は吸収される」ことを知る

ヒアルロン酸注射をした後に後悔するパターンで多いものが、「ヒアルロン酸が吸収されて顔が変わることにがっかりする」ことです。
ヒアルロン酸の吸収に合わせて、顔が徐々に変わるのは自然なことなんです。

ヒアルロン酸は、徐々に体内に吸収されるという性質があります。
ヒアルロン酸が吸収されていくとともに、また目の下のたるみが徐々に目立つようになります。
施術前に老化していったスピードと比べると、ヒアルロン酸が吸収されて顔が変わるスピードは早いので、顔が徐々に変わることに驚いたりがっかりしたりすることがあります。

1〜2年経つと、ヒアルロン酸は体内に少し残っているものの、効果が感じられなくなります。
効果をキープするためには、1〜2年程度経ったら再度ヒアルロン酸注射を受ける「メンテナンス」が必要になります。
メンテナンスには、お金も時間も必要です。
一度綺麗になっても、メンテナンスにお金と時間がかけられなければ、そのうち元どおりになります。

この流れを知らずにヒアルロン酸注射を受けると、「こんなはずじゃなかった!」とがっかりしやすいです。
ヒアルロン酸は徐々に吸収されるという言葉だけでなく、注入後に起こることを具体的に知っておくと、後悔しなくなります。

腕の良いドクターを選ぶ

ヒアルロン酸整形はプチ整形とはいえ、ドクターの技術で仕上がりが左右されます。
経験の浅いドクターにお願いすると、トラブルの原因になることがあります。

目の下のヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸が透けて青みがかったように見える「チンダル現象」というものが起こりやすいです。
注入する場所や肌質に応じたヒアルロン酸製剤を選ぶことや、注入する深さに気をつけることで、チンダル現象を防ぐことはできます。

またごくわずかですが、ヒアルロン酸が誤って血管内に詰まったことで血栓ができたり、血管を圧迫されたりすることで、組織が壊死することがあります。

経験豊富なドクターや高い技術を持つドクターにお願いすることで、このようなトラブルは防げます。

ドクターの意見を聞く

たるみの程度によっては、ヒアルロン酸注射ではあまり効果が得られない場合もあります。
ドクターは長年の経験や知識から判断してくださるので、カウンセリング時にドクターの意見を聞きましょう。

ドクターがおすすめしていない施術を行うと、あまりお悩みが解決されず、お金と時間の無駄遣いに終わることもあります。
「綺麗になりたい!」「お悩みを解消したい!」という目的を達成するために、ドクターの意見には耳を傾けましょう。

症例写真をたくさん確認する

美容整形は、ドクターの技術が重要なのはもちろんですが、ドクターのセンスとご自身の好みが合っていることも大事です。
症例写真をたくさん見て、ご自身の理想に近い仕上がりを実現しているドクターを探しましょう!

症例写真は、クリニックのホームページでも確認できますし、カウンセリング時にも確認できます。

疑問点は全て聞いておく

メスを使わないプチ整形といっても、整形です。全くリスクがないわけではありません。
良い面だけホームページに書かれていることもあり、悪い面を知らないまま施術に踏み切ることで、後悔してしまうことがあります。

少しでも疑問に思ったこと、施術の悪い面などは、事前に全て聞いておきましょう。

むくみが少ない状態で施術日を迎える

顔がむくんだ状態で施術を受けると、ドクターも仕上がりをイメージしづらくなります。
顔のむくみが取れたら、「こんなはずじゃなかった!」と仕上がりにがっかりするかもしれません。

施術前には、飲酒や塩分の多い食事など、顔がむくむ原因になることはやめましょう!

注射後は極力目の下に触らない

注入部位に刺激を与えて、ヒアルロン酸が広範囲に広がってしまうと、効果が薄れたように感じられます。

施術後1週間程度は、顔のマッサージをやめるように指導されます。
念のため施術後1ヶ月程度は、ヒアルロン酸を注入した目の下に積極的に触れることはやめましょう。
メイクや洗顔などで目の下に触れる場合も、優しく触れることを心がけましょう。

まとめ

品川美容外科
この記事では、目の下のたるみにヒアルロン酸注射が有効な理由や、失敗しないための注意点などを解説しました。
ヒアルロン酸注射は、とても気軽にお悩みを解決できますし、お値段もお手頃です。
あなたもヒアルロン酸注射で、手っ取り早くお悩みを解決しましょう!

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料のカウンセリング予約をしちゃいましょう♪
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。