目の下のたるみの改善に即効性のある方法は?化粧やマッサージで消せるって本当?

目の下のたるみは、目の周りの筋肉の衰えや、目の下にある脂肪が溜まることで、目立つようになります。
目の下のたるみは老けて見える原因にもなり、鏡を見るたびに悩んでしまいます。
「美容整形すればいいのかな?」と思っても、整形するのは少しハードルが高いですよね。

この記事では、整形以外に目の下のたるみを改善できる方法を、6つ紹介しています。
化粧やマッサージ以外にも、たくさんの方法があるんです。
意外と即効性を感じられる方法も多いんですよ。

全部の方法を試しても、取り入れられる方法だけ試してもOKです。
たるみ改善にチャレンジしてみましょう!

スキンケア用品で改善!

日々のスキンケアで、たるみを改善することができます。
スキンケア用品の選び方、使い方の両方に注目すると、たるみが早く改善します!
スキンケアは、毎日の積み重ねが非常に大事です。
毎日続けてケアを行うことを意識しましょう!

アイクリームを使う

目元専用のクリームを使うと、目元の悩みが早く改善します。
普段のスキンケアに加えて、目元専用のアイテムを使ってみましょう!

目元専用のクリームには、ツボ押しも一緒にできるように容器が工夫されているものもあります。
アイクリームを使って、ツボ押しマッサージもすれば、効果は倍増します。

ドラッグストアで気軽に買えるアイテムもあるので、お店に行った時に探してみましょう。

塗り方に気をつける

スキンケア用品の塗り方によっては、お手入れしているつもりがお肌を悪化させることがあります。
アイクリームも、アイクリーム以外のスキンケア用品も、塗り方に気をつけましょう!

たるみを引き上げる方向に塗る

たるみにそってクリームなどを塗ると、たるんでいる方向に皮膚を引っ張ることになるので、たるみが余計にひどくなる原因になります。
また、たるみにそってクリームなどを塗ることで、くぼんでいる箇所の塗り忘れが発生しやすくなります。

たるみに逆らって、たるみを引き上げるように塗りましょう!
たるみに逆らって塗ることで、マッサージ効果も得られますよ。

力を入れすぎない

顔の皮膚の厚さは約2mmと言われており、非常に薄いです。
ゴシゴシとクリームを塗ったり、タオルでゴシゴシとこすったりすることが、肌には大きな刺激になります。
また急いでスキンケアを行うと、ゴシゴシとこすりがちになり、これも大きな刺激になります。

時間に余裕を持ち、お肌をなでるくらいの気持ちで力を加えず、スキンケアを行いましょう!

メイクで改善!


メイクで目の下のたるみをなくすことはできませんが、目立たなくさせることはできます!
メイクではその日から変身することができるので、即効性がある改善方法になります。

メイクで簡単に変われる方法を、2種類紹介します。

くぼみ部分をふっくら見せる

目の下のたるみにお悩みの場合、目の下にふくらんでいる箇所とへこんでいる箇所があると思います。
ハイライト光で飛ばすタイプのコンシーラーをへこんでいる箇所に塗り、ふっくらと見せることで、目の下を平らに見せることができて、たるみが気にならなくなることがあります。

ハイライトの使い方

目の下のたるみが軽度の場合は、ハイライトを目の下のへこんでいる箇所にふんわり乗せるだけでも、たるみが目立たなくなります。
クリーム状のハイライトを使うと、自然に肌になじみます。

コンシーラーの使い方

ハイライトだけでは隠しきれない場合は、ハイライトよりも密着度の高いコンシーラーを使います。
コンシーラーにはお悩みを隠すタイプのものと、光で飛ばして目立たなくさせるタイプのものがあります。
光で飛ばすタイプのコンシーラーを選び、目の下のへこんでいる箇所に乗せると、へこんでいる箇所がふっくら見えます。

老け見え要素をなくす

「目の下のたるみを隠す」ことから少し方向を変えて、「顔の中で老け見えする箇所を減らす」ことにシフトしてみましょう!
目の下のたるみがある方は、老けて見えるから悩んでいると思います。
メイクで若々しく見えるようになれば、お悩みもかなり解消されます!

目の下のたるみは、ファンデーションやコンシーラーでも完全に隠すことは難しいです。
「目の下のたるみってメイクじゃ隠せないし、メイクで若く見せることは難しい…」と、メイクそのものを諦めている方も多く見られます。

でも目の下のたるみ以外にも、老けて見える原因になる箇所ってありますよね。
メイクで簡単にカバーできる老け見えの原因は、徹底的に排除しましょう!

若々しく見えるメイクのポイント

  • くすみ肌→パール入りの化粧下地で、明るく見せる
  • シミ→カバー力の高いコンシーラーを使って隠す
  • 目元がぼやける→アイライナーでキリッと見せる
  • 頬のたるみ→チークの塗り方を変えて引き上げたように見せる
  • 口元のたるみ→リップライナーで口角のラインをとってからリップを塗る
  • メイクの注意点

    目の下のたるみを目立たなくさせるメイクの注意点を紹介します。

    力を入れすぎない

    メイクでもスキンケアでも、肌に力を加えすぎることで、シワやたるみの原因になります。

    ハイライトやコンシーラーをぼかす時に、特に力が入りやすくなります。
    指で何かを塗ったりぼかしたりするときは、人差し指でなく中指を使うようにすると、力が入りすぎません!

    優しい力でお肌に触れて、シワやたるみの原因を作らないようにしましょう。

    厚塗りしすぎない

    お悩みを隠そうとすると、厚塗りになりがちです。
    厚塗りメイクは老けて見える原因になるのに加えて、メイクが崩れる原因にもなります。

    今の手持ちアイテムだと厚塗りになる場合は、隠したいお悩みと手持ちアイテムのカバー力が合っていません。
    カバー力の高いアイテムを準備し、薄づきでもカバーできるメイクに切り替えましょう。

    マッサージで改善!

    目元のたるみは、筋肉のゆるみが原因の1つです。
    筋肉のゆるみを解消するマッサージや、筋肉のコリをほぐすマッサージで、目の下のたるみを改善することができます。

    ツボ押しマッサージ、かっさマッサージなど、様々な方法があります。
    マッサージは続けてこそ意味があります。自分が続けられる方法を選びましょう。

    YouTubeで動画を見ながら行う

    マッサージを自己流で行うと、逆にたるみをひどくしてしまうことがあります。
    はじめてマッサージを行うときは、YouTubeのマッサージ動画を見ながら行うのがおすすめです。

    YouTubeには、プロがマッサージ方法を教えてくれる動画が多数あります。
    動画を見ると、マッサージの正しい手つき、マッサージにかける時間、注意点などを知ることができます。
    ポイントを細かく解説している動画も多いですよ。

    動画を見ながら行えば、自己流にならず正しいマッサージができます!

    クリームやオイルを塗ってから行う

    クリームやオイルを塗って、お肌の滑りをよくしてからマッサージを行いましょう。
    お肌の滑りが悪い状態でマッサージを行うと、お肌を無理に引っ張るので、シワやたるみを悪化させる原因になります。

    滑りが悪い場合は、マッサージの途中でもクリームやオイルを追加しましょう!

    トレーニング・エクササイズで改善!

    目元の筋肉を鍛えることで、たるみが改善されます。

    加齢による筋肉の衰えに加えて、パソコンやスマホの使用時間が長いことでも、目元の筋肉が衰えるんです!
    パソコンやスマホに向かう時間が長くなると、無表情でいる時間も長くなり、目元の筋肉を使うことも減ります。
    現代の人は特に、目元の筋肉を積極的に鍛えることが大事になります。

    体のトレーニングやエクササイズと同じ感覚で、顔にもトレーニングやエクササイズを取り入れましょう。
    普段注目しない箇所だからこそ、即効性を感じやすいです。

    眼輪筋トレーニングをしよう

    眼輪筋(がんりんきん)という目の周りにある筋肉が衰えると、目の下のたるみに直結します。
    YouTubeやインターネットで探して、トレーニングをしてみましょう。

    家族に見られても怖がられるくらい集中して筋肉を動かすようにすると、早く効果が出ます。
    一人になれるタイミングで行いましょう!

    美顔器で改善!

    「エステに通う時間はないけど、劇的な効果が欲しい!」という方は、美顔器を使ってみましょう。

    目元に使えるものを選ぶ

    目元は顔の中でも皮膚が薄く敏感な箇所になるので、目元には使えない美顔器もあります。
    美顔器を選ぶ際は、目元にも使えるものかどうか確認しましょう。

    目元モードのある美顔器や、目元専用の美顔器も発売されています。

    専用ジェルが必要なものも

    美顔器の中には、専用のジェルやクリームが必要なものもあります。
    専用のジェルやクリームを買い続けることが面倒になり、だんだん美顔器を使わなくなる場合もあります。

    「自分はめんどくさがりだな」と思っている方は、専用ジェルやクリームが不要なものを選び、すぐにやめてしまう原因をなくしておきましょう。

    エステで改善!


    マッサージや美顔器など、自己流のケアが不安な場合は、エステで改善しましょう。
    エステは「プロにお任せできる安心感」が最大のメリットです。

    お金と時間が必要

    月に1回エステサロンに通っても、効果を感じない場合が多いです。
    効果を出したい場合は、週に1回程度通うことをすすめられる場合が多いです。

    金銭的な負担はもちろんですが、週に1回通うために時間を作るのも大変なことが多いです。

    自宅ケアも教えてもらえる

    エステサロンに通うと、自宅でのケア方法も教えてもらえます。
    エステサロンでの施術に加えて、自宅でのマッサージなどもすると、効果が倍増します!

    目の下のたるみ改善に大事なことは?


    目の下のたるみ改善ができる6つの方法を紹介しましたが、全ての方法に共通して大事なことが2つあります。
    この2つを心がけながら、たるみ改善に取り組みましょう!

    自己流をやめる

    目元は顔の中でも特に皮膚が薄い箇所になるので、小さな刺激でも大ダメージになります。
    自己流のケアを続けると、たるみを改善しているつもりが、たるみを悪化させていることもあります。

    たるみを改善させるためには、まず自己流をやめることが大事です。
    雑誌やインターネットで調べたり、YouTubeの動画を見たりして、正しい方法を調べましょう!

    刺激を与えすぎない

    スキンケアもマッサージも、目の周りに少し刺激を与えることになります。
    軽い刺激はたるみ改善につながりますが、刺激を与えすぎるとたるみの悪化につながります。

    ティッシュを扱うくらいの気持ちで、お肌を優しく扱うことが大事です!